Drone-Rider.club ブログ

作って、飛ばして、楽しんで!
肩肘張らずにドローンを楽しみましょう。

なんでプリントアウトした穴の開いたハッチが有るのに”穴あけ”なのだと言えば、
届いたハッチにスイッチを付け、ゴーグルにあてがってた所、ちょっと違和感を感じ、
スイッチを外して穴と内部との関係を見ていたら、内部の”柱”と干渉していて、穴をずらす必要が出てきたのです!

とは言え穴をずらすなんてことは出来ないので、結局はノーマルのハッチに穴を開ける必要が出てきてしまいました。

ただ、これは私の購入したスイッチの奥行が長いためで、別に購入したスイッチだと問題なく取付できます。
このスイッチに関しては後述します。

と、言うコトで穴の位置の詳細です。
HD3のスイッチ化の情報は山ほど出ていますが、何故か詳細の位置情報が見つけられなかったので、公開してみました。
スイッチの穴位置の情報です。
ただし、あくまでも参考位置です。ささ
ごちゃごちゃと見難いですが、ゆっくりと見て考えて理解しください(笑
図6

ノーマルハッチと3Dプリントのハッチで表記が違ってますが、穴の中心位置は、
上下方向は中心線です。
横方向の位置は、穴の大きさが16mmですので、+8してください。
つまりノーマルを加工する場合は左端から25.5mm(右端から25.0mm)が穴あけの基準位置です。
数値の矛盾はラフに計測した結果ですので、そのあたりはご了承願います。

3Dプリントのハッチの数値はノーマルハッチを加工する際の参考値として計測しました。
この穴にスイッチを入れてどうなるかも試しました。

先に書いた様に穴をずらす必要が発生し、ではどれくらいずらせば良いのかと言うコトで、
3Dプリントのハッチを本体につけ、どれくらいずらせば良いかを計測しました。
結果、向かって右へ3mm程ずらせば良いとなりました。
ですので、計測画像の通り、ノーマルハッチの穴あけ位置を右にずらしてます。

因みに先に書いた”別のスイッチ”ですが、3Dプリントのハッチ(磨き無し)に仮組した画像したモノがこれです。
DSC03919-2

画像は作業終了後ですので背後にスイッチを組み込んだHD3が写ってます。
図5

あとで注文したスイッチを組んだ状態の計測値です。
ネジ部より奥になるスイッチ部(黒い部分)の直径は12mmです。
この奥行とスイッチ部の太さなら、3Dプリントのハッチで本体の加工(削り作業)無しで行けます!
ゴーグルにはめ込んでみたら、パチン!と気持ち良くハマりました。

因みに今回実際に使用したスイッチはの画像はコレです。
DSC03850-2

右隣に並んでいるのはEV100に使用したスイッチで、この画像で言う高さは端子までの高さが約25mmで、ネジ部の直径は12mmです。
ですので、今回使ったスイッチの全体の高さは約33mmです。
これだけ奥行に出っ張るとただでさえ狭いハッチの中ですから結構厳しいです。
ですので、穴の位置の移動となったわけです。




さて、
ハッチの部品のパーツ販売は無い!
と、書きましたが、意外と横道はあるもので、他のパーツを流用したり、
凄い人は”3Dプリンタで作っちまえ!”なんて言う人が現れるモノです。

で、私が懇意にさせていただいているSNSの情報で3Dプリンタデータの存在を知りました。
権利関係が良く分からないので、直リンクは貼っておりません。
あくまで個人的利用と言うコトでダウンロードしてきました。

3Ddata

確認の為、123D'DESIGNで見てみました。
このデータを元に加工できるようになると更に楽しいのですが。

と、言うコトで早速プリントアウトサービス、DMM.makeにてプリントアウトをお願いしました。

流れとしては、
データ―のアップロード
 ↓
プリントできるか否かのチェック
 ↓
見積り
 ↓
発注

と、なるようです。
プリントアウトされたものは送料無料で届き、納期は一週間程になるそうです。

それで、データをアップロードしてOKだったので早速注文しました。
注文の際は素材選び、表面処理を選んでクリックで注文が終了となります。

価格は、素材によりそれぞれだったので一番安いナイロン”ナチュラル”と”ナチュラル(磨き)”の二パターンを頼んでみました。
ナチュラル=白とは明示されてなかったがサンプル画像から”勝手に白”と、判断して注文してみます。
単価は
ナチュラル:883円
ナチュラル(磨き):1,223円

と、なりました。
その後”磨き”処理を入れる場合最低限の厚さ(2mm?)が必要の様で、磨き処理での破損の可能性があるそうで、取り敢えず壊れててもネタになりそうなのでそのまま注文となりました。

DSC03832-2

それで、一週間後に届いたのがコレです。
何故二つあるかと言うと、表面処理の違いで左が”磨きアリ”、右が”磨き無し”です。

また、穴は16mmと12mmがあります。
(EV100につけた12mm穴用のスイッチの購入は上記が理由)

本体にあてがってみた画像です。
DSC03837-2

なかなか良い感じですが、3Dデータの為か多少違和感があるのと、
当然ながら素材が違うので質感が変わってしまってますが、塗装をすればよいかと思います。

また、塗装をしたり、磨いて修正するつもりなら”磨き処理”は不要かとおもいます。

待ちきれずにスイッチをあてがってみました。
尚、こちらのハッチは”磨き無し”の方です。

DSC03835-2

スイッチを付けてみるとイメージがガラッと変わり俄然やる気が出て来ます(笑



まずはノーマルの画像
DSC03845-2

間違い探し(?)のようですが、ココに穴を開けてスイッチを付けます。
既にフェイスプレートが外してあります。
フェイスプレートの外し方が毎度情報が無く、動画などで見ると、簡単にぱこっ!と外してますが、
これも最初の頃は結構外すのに苦労します(外し方は後程)

それで、このハッチは爪を引っ掛けて”ぱこっ!”と外すのですが最初は結構固く、
私は爪を折ってしまいました。
間違ってもドライバなどでこじらないように。
正面側に傷をつけると結構目立ちます。

それで、ハッチを外した画像がコレ。
画像の背景や向きがおかしいですが、毎度の勢い状態で撮影したので…、そこは勘弁してください。
DSC03749-2

内部に電源基盤が見えます。
左の黒い部分に電源ジャックを差しこみます。
改造はこの基盤を出して行います。
基盤の取り出しは、3つのネジを外し、穴に指を入れ上下に割るようにして基盤を抜きます。

ハッチの画像です。
DSC03882-3

この部品、補修パーツで有りそうですが、有りません。
ですので穴あけに失敗したらアウトです。

…、
と、言うのは嘘です。
どうやら海外サイトで別の部品としての類似パーツが売られているようです。
ですが、国内ショップですと、外装一式じゃないと購入できないようです。

↑このページのトップヘ